Dutzcheman's Chest

概要を隠す


    ☛REβlog遊びⓁìƒҽʟօg*
quote
twitter
post
[要出典]

僕が4歳のとき、父は頼もしきXboxを買ってきたんだ。デコボコとしててどデカい2001年のアレさ。僕はありとあらゆるゲームを父と山ほど一緒にプレイして楽しんだ、6歳のときに父が死ぬまでね。

このコンソールには10年間さわれなかったんだが、あるとき起動してみると、気がついたんだ。あの日がくるまで僕達はレーシングゲーム『Rally Sports Challenge』をやり込んでいた。そしていろいろといじくり回してみると……僕はゴーストを見つけた。文字通りね。

タイムレースがプレイされた場合、今までで最速のラップがゴーストドライバーとして記録されている?ああ、そのとおりだった。彼のゴーストはまだ今日もトラックを走っている。それからゴーストに勝てるようになるまで何度も何度もプレイしたんだ。1日が終わる前に、ゴーストよりも前に出てそれを追い越した。そして……。

僕はゴールライン目前で止まった。ゴーストを消すことだけはしたくなかったんだ。

レースゲームの「ゴースト」を通して10年前に死んだ父と再会した青年 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト (via katoyuu)

(huntkidから)

 特に注目に値するのは、@は数世代前には地上からほとんど絶滅しかけていたということだ。これは絵文字の中のシンデレラで、かつては軽視・軽蔑されていたのに、今や絵文字記号の中でも最高位に上り詰めたのである。現在、それは一日何十億という電子メールの中に見られる。

 この記号は中世に生まれた。Berthold L. Ullmanの『Ancient Writing and Its Influence』(1932)によると、このシュテューデルの形をした記号は修道院写字室の修道士によって作られた。これは普通のラテン語の単語「ad」の略で、これは文脈に応じて「to」とか「toward」とか「near」とか「at」というような意味になった。修道士は「a」を書いて、そのまわりに「d」の一部を書いたのである。一千年ほど後、@は単価を示す方法としてビジネスで用いられるようになった。会計簿や商品明細書で、人々は「ベルト5人分 @$1.20」とか「砂糖10ポンド@ 20セント」と書くようになった。この記号を使った人たちは、ロールトップデスク(蛇腹のふたつき机)に座ってスリーブガーター(アームバンド)をつけているようなイメージがある。

 1880年代、タイプライターのキーボード上にも登場し、その直後、ライノタイプその他の文字入力機のキーボードにも組み入れられた。20世紀前半にはビジネスの時流から外れていったが、誰もそれを排除しようと思わなかったようで、機械の上から消えることはなかった。そのため、1970年代のテレタイプ・キーボード(電信会社・通信社が使う)には残っていた。そのとき、そのキーボードはコンピューター研究室の標準であり、そして電子メールが発明されたのである。

 コンピューターの世界では今や伝説となっているものの、他の分野ではまるで無名のその発明者は、30歳のMIT卒業生レイ・トムリンソン(Ray Tomlinson)であった。この若いエンジニアは、世界におけるコミュニケーション方法を変革し、@を世界中の言語に持ち込んだのだ。世界を揺るがせるようなことをしているなどという意識はほとんどなかった。そのときは、というか今もだが、トムリンソンが作り出したあらゆる動きは、数百人のエンジニアによって作られた発明の長い長い連鎖の単なる1つにすぎないと思われた。

@(アットマーク)の歴史と呼び名

http://www.kotono8.com/2004/09/09at-mark.html

(via hmaru)

(shortcutssから)

アメリカの銃撃事件の被害者に対する調査によると、実に40-50%のケースにおいて、撃たれた箇所が致命的な部位でもないにもかかわらず、即座に行動不能になったという事実が確認されている。これらは一般人が、世間のメディアやエンターテイメントに流通する過剰な銃の威力の表現に対し、刷り込みをされているからだといわれている。

映画等では小口径の、実際には威力の低い銃で撃たれたにもかかわらず、演出のために吹き飛ばされるように倒れる表現が目立つ。しかし銃で撃たれた事による衝撃は、実は大きくない。44マグナムでさえ人が歩く1/20の仕事量しか発揮できない。その刷り込みのため、「撃たれたら死ぬ」との強い思い込みから致命的な部位に銃撃を受けなくとも、行動不能になってしまう。これは心理的なものなので、実際の効果については個人差が大きい。事例では、銃を向けられて発砲音を聞いただけで撃たれたと勘違いしてしまい、急に苦しくなり、即座に立っていられなくなったというものもある。

ストッピングパワー - Wikipedia (via dubbedodge)

(takaikeから)

イケメンや美人は外見が美しいということでチヤホヤされていいですよね。このときチヤホヤする側が外見の美しさから快楽を感じてそのイケメンや美人の性格などまで良いものと考えてしまうことをハロー効果と呼びます。外見に限らず「親の光は七光り」のように権威や評価もハロー効果を引き起こします。

Twitter / seizigakutan (via yellowblog)

ancientart:

A brief look at the prehistoric rock art of Laas Geel, Somaliland (East Africa).

Despite already being known to the local inhabitants of the area for centuries, the art was ‘discovered’ by a team of French archaeologists carrying out an archaeological survey in northern Somalia in 2002, thus only recently gaining international recognition. 

Laas Geel is one of the most remarkable archaeological sites in the Horn of Africa, and contains some of the earliest known cave paintings in the region. These paintings are estimated to date to between 9,000-3,000 BCE, and are incredibly preserved considering this.

The artworks, painted in the distinctive Ethiopian-Arabian style, depict predominantly wild animals, decorated cows, and herders, the latter believed to have been the creators of the paintings. Note the herd of cows shown in the first photo, the ceremonial cow shown in the seventh, and the herder shown aside the cow in the final photograph. 

Photos taken by joepyrek.

Recommended reading: Grenier L., P. Antoniotti, G. Hamon, and D. Happe. “Laas Geel (Somaliland): 5000 year-old paintings captured in 3D.” International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Volume XL-5/W2 (2013): 283-288.

(shortcutssから)

wastepipe:

Colourant by Floto+Warner

wastepipe:

Colourant by Floto+Warner

(0809250100000363316から)

imgfave:

Posted by Daily Rant

imgfave:

Posted by Daily Rant

(nrbnrbから)

miezekatzen:

this is me??

miezekatzen:

this is me??

(ryusoulから)

やはり東京は物の密度が高いです。具体的に言えば家と家との間隔、道路の幅、無駄な空間の無さ、などが東京は独特です。 アシスタントが描いた背景にもよく 「これ東京になってるで」 といってリテイクを出します。

あずまきよひこ.com: ENTRY [よつばの町] (via katoyuu) (via gkojay) (via fujihajime) (via allgreendays) (via alice-lives-on-internet) (via mcsgsym) (via hoimi) (via shinoddddd) (via highlandview) (via kanabow) (via zaiga) (via huzitaka) (via ayuwringal) (via ibi-s)

そういえば中世の「流罪」というのは、実際には「配流先に到着するまでに何者かによって殺されること」を意味する場合が多いですね。実は実質的な死刑だった。むしろ殺されない場合のほうが珍しいくらいw

まとめると、中世の「流罪」というのは、その人物の法的保護も剥奪され、アウトロー状態にさせられるわけです。よって流罪された人物に恨みを持つ人間がこれを攻撃しても、攻撃した人間は罪に問われない。これが流罪になった人間が何者かに殺される事例の多い理由ですね。

まとめ管理人 (1059kanri) は Twitter を利用しています

水滸伝とかが、その辺をあからさまに描写しているよなあ。

(via toronei)

(joecoolzから)